岩田わいわいネット過去のトップページ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

NAめら ZERO

Author:NAめら ZERO
岩田わいわいネットの管理グループ代表Zeroです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 09/4/20/monのトップ
top-kansaidokurituleeg.jpg
「紀州レンジャーズ」 上富田スポーツセンターにて (黄色のユニホームが紀州レンジャーズ)

19日日曜日に上富田スポーツセンターでプロ野球の関西独立リーグの紀州レンジャーズvs神戸9クルーズの試合が行われました。

関西独立リーグ
2008年3月、石毛宏典らが構想を発表した。この時点で大阪府・神戸市・兵庫県播磨地区・和歌山市に本拠を置く4球団で発足することが決まっており、監督やコーチにはNPB経験者を起用し、和歌山(紀州レンジャーズ)を除く3球団は2008年秋にトライアウトを実施するとされた[1]。「将来は大阪府を2球団とし、京都府(本拠地は西京極球場を提案)・奈良県も加えた8球団で運営する」という構想も合わせて明らかにされた。

2008年6月に運営事務局が行った記者会見では、滋賀県にも元プロ野球選手の田中聡を代表とする設立準備室が設置され、初年度からの参入を目標に準備が進められることや、京都府でもリーグ参入の動きが出ていることも明らかにされた[2]。9月末までに体制が整えば初年度より6チームで運営される予定と報じられたが、最終的には初年度は4チームでの運営となった。神戸チームを運営する「神戸ベースボール倶楽部」のオーナーには、地元でミネラルウォーターの製造販売業を営む広田和代が就任した。日本のプロ野球チームでは初の女性オーナーである[3]。

2008年11月に紀州レンジャーズも含めた形でトライアウトを行い、その結果を基に11月16日にリーグのドラフト会議で希望選手を各球団が指名した。性別による制限がないため女性も受験可能で、神戸9クルーズが神奈川県立川崎北高2年(当時)の吉田えりを指名した。

2008年12月、2010年度より三重県を本拠とするチームが参入することが決まり、12月10日に記者会見を開いて「三重球団」の発足が公表された。チーム名は2009年1月1日に「三重スリーアローズ」に決定。また、同時に今後の拡張構想も示され、2010年には滋賀・三重のほかに京都・愛知の各府県が参入。2011年には大阪に1球団を追加するとともに奈良・岐阜・静岡の各県からも参入の動きがあり、これが実現すると12球団となる。また、2011年には東京・神奈川・千葉・埼玉の関東4都県に「東京独立リーグ」を発足させる構想も示された[4]。これらの中には、従来ベースボール・チャレンジ・リーグが拡張候補としていた地域も含まれており、今後の両リーグの動きが注目される。
スポンサーサイト

イベント | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/04/26(日) 23:32)

<<09/4/26/monのトップ | ホーム | 09/4/13/monのトップ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://namerazero.blog59.fc2.com/tb.php/274-33088388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 岩田わいわいネット過去のトップページ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。