岩田わいわいネット過去のトップページ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

NAめら ZERO

Author:NAめら ZERO
岩田わいわいネットの管理グループ代表Zeroです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 08/8/25/monのトップ゚
top-kuri08.jpg
「クリ(栗)」 方鹿にて

ほとんどの種は樹高20 - 40mにもなるが、 チンカピン類は小型で灌木状になる。葉は単葉で卵型または倒卵形、葉の長さは10 - 30cm、幅は4 - 10cm。葉の縁には間隔の広い、鋭く尖った鋸歯があり、鋸歯と鋸歯の間は浅く凹んでいる。花は白っぽい尾状花序を成し、男性の精液の臭いとも評される重たく不快な臭いがある。果実は直径5 - 11cmでいがに覆われ、1個から7個の種子が入っている。花崗岩質や結晶片岩質の酸性土壌を好み、石灰岩質などのアルカリ性土壌には生えない。

クリの実のことを「マロン」と呼ぶ場合があるが、本来はトチノキ科のマロニエの実のことである。かつてマロニエの実を使ってマロングラッセを作っていたが、後にクリの実で代用するようになった結果、マロンにクリの意が生じたといわれる。
スポンサーサイト
風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/30(土) 23:33)

 08/8/21/thuのトップ
top-sagari08.jpg
「稲木(いなぎ)」 岡にて

昔はよく見かけた秋の風物詩。懐かしさのあまり、思わずシャッターを切ってしまいました。

稲木(いなぎ、いなき、いのき)は、イネなどの穀物や野菜を刈り取った後に束ねて天日に干せるように木材や竹などで柱を作り地上から干す材料が地面につかない程度の高さに横木を何本か掛けて作ったもの。地方によって稲掛け(いねかけ、いなかけ)、稲機(いなばた)、稲架(はさ、はざ、はせ、はぜ、はで)など異称も多い。

稲穂などがかけやすい身長より少し上程度のものがほとんどであるが、中には梯子を使って掛けるような大掛かりなものも作られ、主に収穫後の田畑に作られることが多い。地域によっては特殊な形状のものもある。例えば風の強い島根県石見地方では「ヨズクハデ」(ヨズクはミミズクの意)と呼ばれる特殊な三角錐の形状をした稲木が用いられる。

毎年作るのではなく近くに備え付けしてある地方もある。稲木に干す作業及びその干した状態は稲木干し、または地域によっては稲架掛け(はさかけ)などとも呼ばれる。

近年は乾燥機により乾燥してしまうことが多く、収穫の季節になっても天日干しは手間がかかるため減少傾向にある。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/25(月) 00:01)

 08/8/17/sunのトップ
top-yuri08.jpg
「テッポウユリ」 岡にて

丈が50cm~1m程度に生長し、楕円形で長い葉をつけ、葉脈は水平方向に入る。

原産地での花期は4~6月で、茎の頂上に純白で細長い花を横向きにつける。花長は10~15cm、直径5cmほど、花弁が6枚あるように見えるが根元がつながっており筒状になっている。雌雄同花である。

本種は外見・生態上の特徴がタカサゴユリに酷似するが、一般にタカサゴユリよりも小型であり、葉が太めで、花が白く筋などが入らない点で区別する。ただし、本種はタカサゴユリとの園芸交雑種が多く、変異も起きやすいとされ、違いが判別しにくい場合も多い。

| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/20(水) 13:22)

 08/8/13/wedのトッフ
top-inaho08.jpg
「稲穂」 大内谷にて

立秋も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。田んぼの稲穂もふくらみ、もうすぐ刈り入れを待っているかのようでした。
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/16(土) 23:06)

 08/8/9/satのトップ
top-sarusuberi08.jpg
「サルスベリ」 岩田にて

サルスベリ(百日紅=ヒャクジツコウ、学名:Lagerstroemia indica)は中国南部原産のミソハギ科の落葉中高木。タネから栽培する「あすか」という一才物の矮性種もある。
8月頃咲く紅または白色の花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくならないため、しばしば好んで庭や公園などに植えられる。

葉は通常2対互生(コクサギ型葉序)、対生になることもある。花は円錐花序になり、がくは筒状で6裂、花弁は6枚で縮れている。果実は円いさく果で種子には翼がある。サルスベリの名は幹の肥大成長に伴って古い樹皮のコルク層が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れて更新して行くことによる(樹皮の更新様式や感触の似たナツツバキやリョウブをサルスベリと呼ぶ地方もある)。つまり、猿が登ろうとしても、滑ってしまうということで、猿滑とも表記することがある。英語名Crape myrtleはミルテの花に似て花弁が縮れていることから。中国では紫微(宮廷)によく植えられたため紫薇と呼ばれる。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/13(水) 02:23)

 08/8/6/wedのトップ
top-umebosi08.jpg
「梅干しの土用干し」 大谷にて

梅干しの土用干しが行われていて甘酸っぱい香が辺りに広がっていました。
梅干しは6月頃の熟した果実を用いる。塩漬けにした後3日ほど日干し(これを「土用干し」という)にする。この状態のものを白干しと呼び、保存性に優れているが、塩分が多い(塩分20%前後)ためとても塩辛い。一般的には塩分を抑えて味付けを施した調味漬けの梅干しが多い。調味漬けの梅干しには、シソ(赤じそ)の葉とともに漬けて赤く染め風味をつけたしそ梅、昆布とともにつけて昆布の味をつけた昆布梅、鰹節を加えて調味した鰹梅、蜂蜜を加えて甘くしたはちみつ梅などがある。このような梅干は「調味梅干」と表記される。なお、減塩梅干や調味梅干は保存性が大きく劣り、防腐効果を持たないばかりか、本来不要のはずの保存料を大量に使用していることさえある。

風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/09(土) 01:41)

 08/8/2/satのトップ
top-arahoriike08.jpg
「荒堀池とホテイアオイ」 大谷にて

大谷にある荒堀池でホテイアオイが水面いっぱいに咲いていて、とてもキレイです。
ホテイアオイ(布袋葵、学名 Eichhornia crassipes (Martius) Solms-Laubach)は、単子葉植物ミズアオイ科に属する水草である。南アメリカ原産で、水面に浮かんで生育する。花が青く美しいので観賞用に栽培される。別名ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス。

風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/06(水) 01:25)

 08/7/30/wedのトップ
top-semi08.jpg
「アブラゼミ(油蝉)」 大内谷にて

羽化したてのアブラゼミ(油蝉)が羽を伸ばしていた。6年間という、長い地中にいて、この日を待っていたにちがいない。どこまで飛んでいくのだろう。
成虫はサクラ、ナシ、リンゴなどバラ科樹木に多い。成虫も幼虫もこれらの木に口吻を差しこんで樹液を吸う。そのため、ナシやリンゴについては害虫として扱われることもある。

成虫は7月から9月上旬くらいまで多く発生するが、10月や11月でもたまに鳴き声が聞こえることがある。オスがよく鳴くのは午後の日が傾いてきた時間帯から日没後の薄明までの時間帯である[2]。

鳴き声は「ジー…」と鳴き始めたあと「ジジジジジ…」とも「ジリジリジリ…」とも聞こえる大声が15-20秒ほど続き「ジジジジジー…」と尻すぼみで鳴き終わる。この鳴き声は昼下がりの暑さを増幅するような響きがあり「油で揚げるような」という形容を使われることが多い。「アブラゼミ」という和名もここに由来する。

風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/02(土) 01:46)

copyright © 2005 岩田わいわいネット過去のトップページ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。