岩田わいわいネット過去のトップページ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

NAめら ZERO

Author:NAめら ZERO
岩田わいわいネットの管理グループ代表Zeroです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 07/11/25/sunの トップ
top-maturi07.jpg

「上富田の秋祭り」

11月23日(金)、上富田町の各地区(朝来、生馬、岩田、岡)で恒例の“秋祭り”が行われました。
写真は、朝来地区の秋祭りの風景で、檪原神社の急坂(入口)をお御輿が駆け上がろうとしているところです。
スポンサーサイト
イベント | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/28(水) 00:57)

 07/11/21/wedのトップ写真
top-strawberryguava.jpg

「ストロベリーグアバ」 三宝寺にて

フトモモ科 南国の果実です。耐寒性があり、紀南でも栽培可能だそうです。
他のグアバ類に比べると葉に光沢があることとイチゴに似た芳香や味があることで名づけられたようです。9月~10月に実は熟します。撮影時は、真っ赤に熟した頃で甘い香りがしました。赤から赤黒くなったころが食べ頃だそうです。ビタミン・ミネラルが豊富で、ビタミンCは、レモンの6倍もあるとか。一度、頂きたいものです。

| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/25(日) 00:19)

 07/11/18/sunのトップ
top-sion.jpg

「紫苑(しおん)」 岩田にて

キク科 シオン属
原産地は中国で、栽培の歴史は古い。日本では、平安時代の「今昔物語」にも出てきている。秋に薄い紫色の花をたくさん咲かせる。根は、漢方で咳止めや鎮痛剤として使われるそうです。

| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/20(火) 20:55)

 07/11/14/wedのトップ
top-mjnjbasketball.jpg

「セインツ Jr.」 岩田小体育館にて

「セインツ Jr.」とは、上富田町を本拠地とする小学生のバスケットボールチームの名前です。
11月11日(日)に行われた「第3回くちくまのカップミニバスケット」(女子の部)に、その「セインツ Jr.」が出場しました。惜しくも準決勝で敗れたものの、和歌山県内の各チームを相手に熱戦を繰り広げていました。
写真は、「セインツ Jr.」対「御坊チーム」の一戦です。
イベント | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/17(土) 19:59)

 07/11/11/sunのトップ
top-karasuuri.jpg

「烏瓜(からすうり)」  三宝寺にて

うり科 カラスウリ属
つる性で花は、白いレース状のきれいな花を夏の夜に咲かす。実は、秋に赤く色づき、烏が好んで食べることから、烏瓜と名づけられたとか・・・。
薬用にもなり、果肉からは、荒れ止めの化粧水が作れ、種子や根も色々な効用があるらしい。また、種はその形が「打ち出の小槌」に似ているということで、財布の中に入れておくとお金が貯まると言われています。
風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/13(火) 16:35)

 07/11/7/wedのトップ
top-akebi07.jpg

「アケビ(木通、通草)」  岩田にて

 アケビ科 アケビ属。花は、春に咲き雌雄同株であるが雌雄異花で淡紫色。受粉に成功した個々の雌しべは成長して果実となり、10cm前後まで成長する。秋に熟して淡紫色に色づく。昔から、山遊びをする子供たちの絶好のおやつとして親しまれてきた。また、成熟した蔓は、かごを編むなどして工芸品の素材として利用される。秋田県では、種を油の材料としているとのこと。生薬としても利尿作用や抗炎作用などがあり、漢方方剤として使われている。撮影時は、ちょうど口が開いて熟した甘~い実が見えていました。

風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/10(土) 19:48)

 07/11/4/sunのトップ
top-07itiyo.jpg

「いちょう」 生馬にて
最近、朝晩めっきり寒くなってきました。生馬地区のイチョウの葉も色づき、とてもきれいな空間がありました。これから寒くなってきますが、体調には十分気ををつけて風邪などひかないようにしましょう。

イチョウ(銀杏、公孫樹、学名:Ginkgo biloba)は、裸子植物の一種。裸子植物門イチョウ綱の中で唯一の現存している種である。またイチョウは色づいた時の美しさから、街路樹(銀杏並木)として、植えられているところも多い。東京の明治神宮外苑や、大阪御堂筋の並木道は有名である。アヒルの足のような形の葉は、秋には黄色く黄葉し、落葉する。また、大木では枝から垂れ下がった円錐形の突起を生じる場合があり、乳イチョウなどと呼ばれる。
風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/06(火) 16:04)

 07/10/31/wedのトップ
top-tamasudare.jpg

「タマスダレ」 朝来にて

タマスダレ(玉簾)とは、ヒガンバナ科の植物の一種。別名はレインリリー。学名Zephyranthes candida
ペルー原産の球根草で、夏~初秋に白い花を咲かせる。葉は細長く、土から直接出ている。一本の花茎に対して、花は1つだけである。
地味な花であるが、群植すると見栄えがする。
また、タマスダレをゼフィランサスということもあるが、本来、ゼフィランサスは属名であるので注意を要する。
花の形はよく似ているが、黄色い花を咲かせるキバナマスダレ(黄花玉簾)もある。
| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/03(土) 13:54)

copyright © 2005 岩田わいわいネット過去のトップページ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。