岩田わいわいネット過去のトップページ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

NAめら ZERO

Author:NAめら ZERO
岩田わいわいネットの管理グループ代表Zeroです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 07/3/23/friのトップ
top-07ichinosenanohana.jpg

「市ノ瀬若者広場の菜の花」

 市ノ瀬ローソン前にある、菜の花畑が綺麗です。この日も家族連れが写真を撮ったり散歩していました。
スポンサーサイト
風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/03/28(水) 20:52)

 07/3/18/.sunのトップ
top-dancecircle.jpg

「上富田キッズダンスサークル」

 3月18日、上富田文化会館に於いて「第26回 耳の日記念のつどい」が開催されました。アトラクションの一つとして、上富田キッズダンスサークル(保育園から小学校6年まで男女)の子供たちがダンス(DONT PHUNK WITH MY HEART)を元気一杯に踊っていました。踊る前の挨拶で「この様な大きなイベントは初めてで緊張しています。」との事でしたが、「緊張」という言葉など全く感じられず、とても楽しそうに踊っていて、逆に元気をもらって帰って来ました。
わいわいリポート | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/03/23(金) 18:10)

 07/3/14/wedのトップ
top-okasiyi-taikengakusiyu.jpg

「しちりんで「体験学習」

3月13日に岡小学校の3年生の皆さんが、「昔の生活を体験してみよう」という授業の一貫で、しちりんを使って、お餅や、さつまいも、めざし等を焼いて食べるという「体験学習」がありました。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/03/18(日) 21:42)

 07/3/11sunのトップ
top-owakaredoxchi.jpg

「第2回 お別れドッチポール大会」

3月11日に市ノ瀬体育館で第2回お別れドッチボール大会が行われた。町内の朝来小、生馬小、岩田小、岡小、市ノ瀬小の子供クラブの生徒、1年から6年までが(参加し熱戦を繰り広げ6年生を送った。優勝したのは市ノ瀬小Aチームで2位岡小Aチーム3位2チームで生馬Aチームと市ノ瀬Dチームでした。
イベント | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/03/13(火) 23:40)

 07/3/7/wedのトップ
top-hikogorononanohana.jpg

「彦五郎公園の菜の花」

3月1日に彦五郎公園にて撮影

直売所道路側の花壇に菜の花が植えられていて、鮮やかな黄色が春を感じさせてくれています。

菜の花

菜の花は、油の原料として栽培もされたが、元来は丈夫な植物で、川原や荒れた土地にも繁茂する。春、一面に広がる菜の花畑は壮観。

| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/03/11(日) 21:03)

 07/3/4/sunのトップ
top-daikonnohana.jpg

「桜島大根の花」

3月1日に彦五郎公園にて撮影

直売所道路側の花壇に櫻島大根が植えられていて、ちょうど花が咲いていました。

桜島大根(さくらじまだいこん)は、鹿児島県の特産品でギネスブックに認定された世界一大きい大根である。重さは通常で約6kg前後、大きな物になると約30kg,直径にして約40-50cmほどにもなる。かつては桜島の特産品であったことからこの名が付けられた。地元では「しまでこん」とも呼ばれている。

早生種と晩生種の2種類があるが、栽培されているものはほとんどが晩生種である。8月下旬から9月上旬に播種し、12月から2月にかけて収穫される。大きな大根に育てるためには火山灰質の土壌を用いて多くの手間をかける必要がある。


| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/03/07(水) 22:12)

 07/3/1/thuのトップ
top-fukinotou.jpg

「ふきのとう」

2月24日に生馬にて撮影

先日、取材途中で偶然にフキノトウを見つけて撮影しました。今では殆ど見かけなくりましたけど、頑張って咲いているのを見ると、ホッとするような感じでつかの間の非日常でした。

フキ(蕗)とは、キク科フキ属の多年草。

茎は地上で伸びるのではなく地下茎となっている。早春、葉よりまえに花茎がでる。これを蕗の薹(フキノトウ)とよんでいる。雌雄異花であり、雌花は受粉後、花茎を伸ばしタンポポのような綿毛をつけた種子を飛ばす。開花時の草丈は5~10cmだが、結実時の草丈は80cmになるものもある。

日本原産で、北海道・本州・四国・九州・沖縄に分布している。北は樺太から、朝鮮半島・中国でも見られる。水が豊富で、風があまり強くない土地を好み繁殖する。

ふきのとうや葉柄を食用とする。ふきのとうは天ぷらや煮物・味噌汁にする。葉柄は灰汁を抜いて煮物などにする。

季語:蕗の薹や蕗の芽・蕗の花は春、旬の蕗・蕗の葉・伽羅蕗・秋田蕗は夏の季語となる。

方言:秋田弁をはじめとする東北方言ではふきのとうを‘ばっけ’と言う。


| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/03/04(日) 00:11)

copyright © 2005 岩田わいわいネット過去のトップページ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。