岩田わいわいネット過去のトップページ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

NAめら ZERO

Author:NAめら ZERO
岩田わいわいネットの管理グループ代表Zeroです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 06/12/26/tueのトップ
top-daikon.jpg

大根干し

昔はよく見られた大根干し、“冬”を感じさせれくれます。おそらく、この大根は沢庵となって食卓に並ぶのでしょう。昔はどこの家でも作った伝統的な保存食だったのですが、今はその姿も少なくなって来ました。

大根といえば、お正月恒例の箱根駅伝での東京農大の“大根踊り”を思い浮かべるという方(少数かもしれませんが)もおられるのでは。両手に二本ずつ葉のついたままの大根を持ち、応援歌を熱唱しながら踊る。あの応援です。沢庵作り同様、貴重な伝統は大切にしたいですね。

大根は、アブラナ科の野菜。主として肥大した根、茎、胚軸を食用とする。また、葉の部分はスズシロ(清白)と呼ばれ、春の七草のうちのひとつです。
スポンサーサイト
風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/31(日) 17:41)

 06/12/22/friのトップ
top-Xmas.jpg

クリスマス・ツリー

南紀療育園の中庭に、クリスマス・ツリーが飾られて、夜にはイルミネーションが綺麗です。町内も家庭でイルミネーションを飾られている所も多く見かけるようになりました。そんな風景を見ると何故か心が和みます。
その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/25(月) 23:43)

 06/12/18/monのトップ
top-kamo.jpg

岡川のカモ

牟婁あゆみ橋と札場橋の間にカモがいます。少し上流でショベル・カーが入り、葦や土砂等を取り除く工事が進められています。カモは工事の所から逃げてきた小魚等を餌にしようとしていました。人間と自然動物が共生できる環境になれば、もっとこういう風景が見れるのではないでしょうか。
その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/22(金) 00:10)

 06/12/12/tueのトップ
tpo-marathon.jpg

岩田小マラソン大会

12月10日に行なわれた、岩田小学校のマラソン大会の模様です。当日は、12月としては暖かく、たくさんの地域の方々が、子ども達に拍手と声援を送っていました。子ども達も、応援に後押しされ一生懸命走っていました。上位に入賞した子ども達はもちろん素晴らしいですが、最後まで諦めず完走した子ども達にも拍手!
イベント | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/18(月) 11:39)

 06/12/6/wedのトップ
top-illumination.jpg

彦五郎公園のイルミネーション

12月3日、彦五郎公園に於いて「彦五郎イルミネーションフェスタ2006」が開催されました。驚いたのは、そのイルミネーションのエネルギーに「使い終わった天ぷら油を利用している」ということです。そのエネルギーは「バイオ・ディーゼル燃料」と呼ばれ、従来のディーゼル車や業務用ボイラー等の軽油代替燃料として使用できるそうです。「彦五郎イルミネーションフェスタ2006」は、廃棄物をエネルギーに再利用する、地球にやさしいイベントです。
写真は、オブジェ作品点灯式のひとこまです。※オブジェは、毎晩:午後5時から午後10時まで点灯。
わいわいリポート | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/11(月) 23:50)

 06/12/5/tueのトップ
tpo-ityounokouyou.jpg

イチョウの黄葉

僕たちの住むアパートの近くにあるイチョウの写真です。

イチョウは落葉樹である。長寿であり、成長すると巨木になる。その為、各地に巨木イチョウが残っている。またイチョウは色づいた時の美しさから、街路樹(銀杏並木)として、植えられているところも多い。明治神宮外苑の並木道は有名である。アヒルの足のような形の葉は、秋には黄色く黄葉し、落葉する。

紅葉(こうよう)について
厳密には赤色に変わるのを「紅葉」、黄色に変わるのを「黄葉」、褐色に変わるのを「褐葉」と呼ぶが、時期が同じなためか、ともに「紅葉」として扱われる事が多い。

風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/05(火) 22:49)

 06/11/27/monのトップ
top-yakaminosisimai.jpg

八上神社の獅子舞

先日、23日に八上神社の境内で行われた獅子舞です。県指定無形文化財

獅子舞について
中国から伝来したとされる日本の獅子舞は、全土に広がりバリエーションは多岐にわたる。大きく分けて、伎楽(ぎがく)系の獅子舞と風流(ふりゅう)系の獅子舞がある。獅子の頭部は通常木製で、獅子頭(ししがしら)と呼ばれる。舞方は諸流派があり風流系(ふりゅうけい)、神楽系(かぐらけい)などが知られるが、他にも多くの舞があり同じ物は二つとないとも言える。岡の獅子舞は、伎楽(ぎがく)系の獅子舞に分類される。

伎楽系の獅子舞

伎楽系(神楽系)の獅子舞は西日本を中心として全国的に分布し、胴体部分に入る人数で大獅子、中獅子、小獅子と区分され大獅子では、獅子を操作する人以外に囃子方も胴体に入って演奏し、小獅子では、獅子頭を操作する1人だけが胴体も兼ねる。正月に見る獅子舞や神楽での獅子舞をはじめ、一般に獅子舞というとこの系統の獅子舞を指すことが多い。起源は大陸から伝来したものと考えられ、現在の中国獅子舞とも繋がるものと考えられる。
わいわいリポート | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/01(金) 23:52)

copyright © 2005 岩田わいわいネット過去のトップページ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。